SONY の DSC-RX100M3 を買った

DSC-RX100M3 という SONY のコンデジを買った。
使い始めて1ヶ月くらい経ったのでレビュー的なことをしてみるゾ。

購入に至った経緯

今まで友人からレンズ込みで3万と安く譲ってもらった Canon の 60D という一眼を使っていたのだけど、重いし首から掛けていると動きを制限されるので全く持ち歩かなくなった(旅行でさえ)。加えて、ぼくは写真があまり上手でないので、一眼はいろんな意味で重かった。
かといって iPhone だとぼくの腕ではイマイチな写真しか撮れないので、コンデジいいのではと思ったのでした。

迷った機種

迷ったのは以下の3つでした。

  • Cyber-shot RX100III(DSC-RX100M3)←買ったのはコレ
  • LUMIX LX100(DMC-LX100)
  • PowerShot G7 X

どうせ買うならいいやつ買って長く使おうと思ったのと、安い機種は iPhone とそこまで変わらないのでハイエンドモデルから絞った。正直、ぼくの目から見ると(みんなすごい性能だったので)どれでも良さそうだな、という感じでした。
なので最終的には機動力とデザインで選んだ。LUMIX はデカすぎるので NG。Canon の G7 X はタッチパネルが付いているけど、自分でダイヤル操作した方が楽だなと思ったのと、デザインが RX100III の方が断然好みだったので切った。タッチパネルは壊れやすそうだし、液晶にはあまり触りたくなかったので。
あと、この三機種で RX100III だけ EVF が付いているので、そこも良かった。

気に入ったところ

一番嬉しかったのは「内蔵された Wi-Fi で写真を転送できること」。これはもう最高に便利で、撮ったその場でシェアできたりというのはすごく嬉しい。あとは micro USB で充電できるのも地味にポイントが高い。micro USB は、無線ヘッドフォン、Kindle などでも利用している汎用的な規格なので、基本的にモバイルバッテリーと一緒に持ち歩いている。出先でも助かった。

カメラの機能面だと、iPhone ではどれだけ頑張ってもブレブレになってしまうペットなどの動くものも簡単に撮れる。あと夜間の撮影は圧巻で、カメラ側で連写して、それを上手く組み合わせてノイズを取り除くらしい。すごい。

また、チルト式液晶になっているので低い位置とか高い位置から撮りやすいし、液晶モニターもとっても綺麗。(これは迷った他の機種と比べ物にならないと感じた) ボタンの配置も自由に変えられる。ので、色々いじくって自分の仕様にできるのもいい。

後はやっぱりデザイン。本当にかっこいいですね。サイズもタバコの箱とそう変わらないくらいで常に持ち歩いていても全く邪魔にならない。質感もずっと触っていたくなるくらい良さがある。

気に入らなかったところ

Wi-Fi で飛ばすやつ、便利なんですけど手順がめんどい。

  1. コンデジ側で「写真を送る」を選択する
  2. iPhone 側でコンデジから飛んでる Wi-Fi にアクセス
  3. 専用のアプリを開いて写真を受け取る

という感じ。Android だとワンタッチで送れるようなので、これは色々政治的に、あるいはハードの問題で難しかったんだろうな。残念。

あとは、ズーム弱すぎて悲しいのと、ちょっとツルツルしてるのでサードパーティーのグリップを検討してる。

撮った写真

余談

最近、SONY の製品のデザインにとても魅力を感じる。カメラを買うときも、はじめは Canon の PowerShot G7 X にしようと思っていて、リサーチしている中でデザインがすごく際立っている RX100III が自然と選択肢に入った。

また、ヘッドフォンを買いに行ったときも、マーシャルのものにしようと決めていたけど、店頭で SONY のヘッドフォンを見て気に入り、音が良かったので購入した。近いうちにプレステ4もほしい。

子供の頃 Apple なんか目じゃないくらい巨大な企業だった SONY 。CD や ブルーレイなどの規格を作ったり、walkman で一世を風靡していた時代と比較すると、今は随分凋落してしまった。 しかし、ここへきてまた自分の中で再ブレイクしている。イヤフォンを買いに家電量販店に行ったときも、まず SONY の製品を探している自分がいた。そのことに気づいたとき、なんだか少し嬉しい気持ちになった。

もう一回日本から多くの革命を起こしてほしいなあ。