【アイカツ!】SHINING LINE* と STARTDASH SENSATION の相似性について

この記事は アイカツ! Advent Calendar 2015 15日目の記事です。 今日はアイカツ!の名曲2曲についてちょっとだけ深掘りしてみました。

アイカツ!とは

アイカツ! はテレビ東京で毎週木曜日に流れるアニメで、元はバンダイのカードを使って遊ぶアーケードゲームです。アイドルカツドウの略であるアイカツ!というタイトルからも分かる通りアイドルをテーマにしており、スターライト学園をはじめとするアイドル養成学校に入学したアイドルたちが、トップアイドルを目指して日々アイカツ!するスポ根系のアニメです。
制作はガンダムやコードギアス、ラブライブ!などを作っているサンライズで、そのクオリティは折り紙つき。特にライブシーンの CG は圧巻で、大人をも魅了しています。一時はプリキュアをもあっさりと凌駕し、未就学児のプリキュア、それ以上のアイカツ!と言われたほど。
個人的には曲が好きです。アイドル系のアニメでは抜群のクオリティで、会社でもヘビロテしています。

公式から配布されているこの動画にライブシーンもちょこっと入っているので、こちらでその片鱗を見てみましょう😉

アイカツ! は当初、星宮いちごちゃんという黄色い髪の女の子が主人公でしたが、現在はあかり Generation として、後輩にあたる大空あかりちゃんがトップアイドルを目指してアイカツ!しています。世界観は変わっていませんが一度世代交代しているんですね。ここ大事なので覚えておいてください。

SHINING LINE* と STARTDASH SENSATION について

SHINING LINE* は 2nd シーズンの OP、STARTDASH SENSATION は現在流れているあかり Generation の OP です。
ともにアイカツ!のオープニングを飾った楽曲ですね。
SHINING LINE* は、映画や劇中でも使われており、アイカツ!2期の最終話「憧れのSHINING LINE」でも世代交代を印象づける楽曲として使われ、ぼくも含めた世界中の幼女が涙した名シーンです。

SHINING LINE* と STARTDASH SENSATION の相似性について

さて、ここからが本題です。
先ほど、世代交代を印象づける楽曲、として紹介した SHINING LINE*、その一部の歌詞と STARTDASH SENSATION がかなりシンクロしているのです。
最初は僕自身まったく気づかなかったのですが、監督と楽曲提供している神集団 MONACA さんとのツイートのやり取りで「早くフルを聞いてほしいね」というやり取りがあり、テレビの尺だと伝わりきらない何かがあるのでは、と推測できます。

更に、これはこの記事を書いてる途中で見つけたのですが、監督や MONACA の Twitter 上で大量の何かあるからフル聞けコールが。

実際テレビ尺にはのらない C メロのところでこんな一遍があります。

「今わたし達が 駆け抜ける毎日も 懐かしくなるのかな」

ここ、SHINING LINE* の以下の歌詞につくメロディとめちゃくちゃ似てるんです。

「今わたし達の空に 手渡しの希望があるね 受け取った勇気でもっと未来まで行けそうだよ」

聞いた瞬間にファンはぞわっとするレベルで似ています。 これは穏やかじゃない! 恐らく「仕掛け」というのはこの C メロのところだったんでしょう。

あくまで推測の域を出ませんが、なぜ STARTDASH SENSATION の一節に SHINING LINE* を想起させるメロディを入れたのか。 アイカツというアニメの性質上(伏線回収に50話とかかけてくる)、単純な「SHINIG LINE* っぽいの入れといたぞ。嬉しいでしょ。ほらほら」というアプローチは取りません。 曲全体になにかしらの意味があるはずです。

それを考えるには、まず SHINING LINE* がどういう曲なのかを整理しておく必要があります。 SHINING LINE* は前述したとおり「世代交代」の曲です。 「バトン」をテーマにしており、トップアイドルへのバトンを神崎美月から星宮いちごへ、星宮いちごから大空あかりへと渡されていくイメージが曲に反映されています。(ちなみに全員の名前、月、星、空というワードが入っていてこれも面白い)
いちごちゃんに憧れ、その目も逸らせないほど綺麗な姿に手を伸ばし、いちごちゃんのように上手く行かずに挫折しながらも、なりたいだけじゃダメだなって、夢のままじゃ違うなって、きっとわたし最初から知ってたあかりちゃんは劇中や劇場版でいちごちゃんから確かにバトンをもらいました。
そしてバトンをもらったあかりちゃんは150話まで時間をかけて成長し、今はりさっぺやののっちから憧れられる存在。人の人生を変えるほどのオーラを身にまとっています。本当によかったね...

ちょっと脱線しましたが、STARTDASH SENSATION はあかりちゃんが成長して新しい一歩を歩み始めたんだという強い意思表示を、いちごちゃんに伝えている歌詞なんです。
歌詞中の今日(あかりちゃん)明日(いちごちゃん)未来(夢:恐らくいちごちゃんにも成し得なかったスターライトクイーン)に置き換えて歌詞を読んでみると腑に落ちます。

SHINING LINE* では

「いつでも自分を大好きでいたいね」

という一節がありますが、STARTDASH SENSATION には

「どんな自分だって大好き 明日と指切りしたの」

とあります。 この一節でも自分に自信が持てなかったあの頃のあかりちゃんが成長した様子がうかがえます。
また SHINING LINE* の

「受け取った勇気でもっと未来までいけそうだよ」

から STARTDASH SENSATIONの

「未来向きの今を君にみせるね いつだってココロに光る太陽 忘れないの」

でも、いちごちゃんに憧れつつも、自分自信の未来(夢)に向かって歩き出したあかりちゃんの姿が眩しい。

そして最後に、CD ジャケット。これまでの話を踏まえてこちらを見比べてみてください。

SHINING LINE*、ちゃんとつながってるね!
以上、ぼくたちファンのソレイユ離れが進まない一方で、ルミナスは着実に成長している、それを強く感じる2曲の相似性でした。 みんなもアイカツ!しよ!

※ 著作権に配慮し、文字中心の構成でわかりづらく申し訳ありません。歌詞についても全編載せないことで配慮しましたが、一部も載せないとなると説明が難しい箇所があり、かなりグレーだと認識しておりますので、アイカツ!を運営されているいずれかの組織からご指摘をいただいた場合、記事の改変・及び削除の対応を取らせていただきます。読者の皆さまに於かれましては、ご承知おきのほど、よろしくお願いいたします。

次回は iyanayatudaze さんです!